send link to app

Hedgehogs Adventures Free



無料

このゲームはハリネズミと彼の友達についての対話型物語です。ゲームには数十の教育的作業や、年齢4−6歳のお子様対象のミニゲームが含まれています。このゲームは以下の認知プロセスの育成を目指しています: 注意力、視覚、論理的思考力、空間認知など.このゲームには2つのモードがあります:モード 1 - ナレーションやプロット構成の5章のストーリーモード 2 - 4段階の難易度を持つ15個のミニゲーム。このミニゲームをプレイしながら、子供は集中力、注意力、記憶力、論理的思考力、知識などを養成します。これらの認知能力を育成することで、学校で早く物事を習得できたり、能力を発揮します。
開発者は10年以上の児童心理学の経験を持つ人間です。彼女は幼稚園児(3-5歳までのお子様)から初等小学生(1,2年生、6-7歳までのお子様)の認知能力の訓練に携わっています。
第一章では、メインキャラクターと友達が「ネズミの失われた影」を探します。途中、次のような作業があなたを待っています:間違い探し、撮った写真を思い出す、当てはまる場所にものを置く、グループの中で類似するものを探す、正しい宛先に手紙を届ける、パズルの組み立て、絵の中の間違い探し、動物の場所を思い出す
第二章では、ハリネズミが家を掃除し、その後友人のリスを訪ねます。途中、次のような作業があなたを待っています:ものを見分ける、仲間はずれを見つける、じゅうたんの正しいパターンを見つける、写真を並び替える、色々な家具を合わせる、なくなった写真を見つける
第三章は「うさぎの誕生日」についてです。次のようなゲームと作業があります:与えられた条件に合ったギフトを選ぶ、迷路をとく、うさぎをたずねた動物を思い出す、正しい順で番号を探す、アラームボタンについて友達に警告する、パレットの色を思い出す第四章では、ハリネズミが夢の中で「幾何学ランド」に旅行します。全ての作業はジオメトリー(幾何学)関連です。次のようなミニゲームが待っています:数字パズル(すうどくゲーム)を解く、形にもとづいた物を見つける、隠れた物を見つける、形によって物を見分けする、違う形をした物の色を思い出す第五章では、ハリネズミと彼の友人たちが新しい家を建てますが、思っていたより簡単ではないことが分かりました…次のような作業が待っています:グループから外れた物を見つける、連続的に続くエラーを見つける、当てはまる花を見つける、ケーキをかざる、鍵穴に鍵を合わせる、誰がどの花に水をあげたかを思い出す
私たちの教育用ゲームやアプリケーションは、以下のような子供たちの認知プロセスの発達を目的としています:記憶力、注意力、論理性など。これらの脳の機能は、幼稚園の年齢(3歳から6歳)に最も応答性があります。若い年齢でこのようなトレーニングを受けた子供は、世界について学び、スキルを習得する速度が早くなり効果的に勉強できます。
子供が学校に行き始めると、知的なプレッシャーが倍増し、ストレスや適応の難しさに繋がります。そのため、未就学児は就学前から高い認知能力を持っていることが望まれます。多くの教師や心理学者は、子供に勉強内容を伝えることだけではなく(数字、文字、形など)、幼稚園時代にこれらの認知能力:コミュニケーション力、論理的な推論、想像力、集中力、視覚的記憶力、空間認知力などを発達させることが大切だと信じています。これらの脳の機能がよく発達している場合、子供はより高いIQを育て、学校の課題を効果的に学べます。
また、ADHD(またはADHS、注意欠陥および多動性障害/症候群)を抱えるお子様の場合、幼稚園、または早期の就学時期に頻繁に症状を起こしやすく、親は子供が作業に集中できないことで「ケアレスミス」をおかしてしまうことに気づきます。このようなケースでは、専門家に見てもらうのが一番ですが、克服するためのトレーニングはお母さんやお父さんと一緒に自宅で行うこともできます。
お使いのMac、iPad、iPod、Androidタブレットは、本より優位な、子供に対して楽しい対話式のゲームを提供しています。「エデュテイメント」タイプのアプリは、心理学や教育学のバックグラウンドを持つ人々によって設計されており、それらは家庭教育を大きく補助します。しかし、世間では、偽「教育」ゲームがあることも注意しておいてください。それらには教育的効果はなく(ペットにえさをあげたり、友達と絵をシェアするゲームなど)、主に子供の気をそらしたり、泣くのをやめさせたり、静かにさせるためのものです。私たちのゲームはプロによって作られています:これは著書が実際10年以上、ADHDや他の児童の問題に対し治療してきたことに基づいています。これらのアプリでは、最初に母親がどのようにゲームを解くか子供に見せることで、子供の理解を早めるのが効果的です。子供がおもちゃや他のものに気をとられているのとは別に、親はゲームにおいて家庭教師になってもらい、遊び心のある方法で子供に学校に行く準備に必要なものを教えるのです。
このゲームは4段階の難易度で構成されています:簡単 — 幼児(2−3歳)ふつう — 幼稚園児(4歳)難しい — 未就学児(5−6歳)とても難しい — 小学校(6−7歳)
日本語の教育ゲームを更にお求めの場合、我々のゲームスタジオのその他のゲームをご参照ください。